小型カメラの隠し方




DV被害、ストーカー被害、セクハラ被害などの証拠集めに小型カメラを使いたいけど、隠し場所を見つけられないかしら?
そんな心配をされるのも当然です

せっかく小型カメラを設置しても、相手に見つけられたら被害がよけい拡大するかもしれないからです。
こちらでは小型カメラの受け取り方から隠し方についてお伝えしようと思います。


小型カメラを購入時の注意点とその隠し方まで

小型カメラの受け取り

まず、小型カメラを通販で購入した時に気を付けなければならないことがあります。
それは、家族に内緒で小型カメラを取り付ける場合です。

家族がいるときに宅配便が到着したら面倒です。
通販で購入する場合は必ず、家族がいない日時を選んで確実にご自分で受け取れるよう、配達日時を決定しておきましょう、

前もって盗聴・盗撮が無いか調べておく

もし、パートナーのDV被害の証拠を撮ろうとして小型カメラを設置するなら、その前に相手が盗聴・盗撮をしていないか確かめる必要があるでしょう。
せっかく小型カメラを取り付けても、その行動を見られていては何にもなりませんから。
加害者側はあなたが防犯カメラを仕掛けるかもしれないと疑っている可能性もあります。

トイデジタルカメラの隠し方

こちrは縦2.3cmx横5.5cmx幅1.5cmの超小型カメラですが、そのまま置いておけば子供でも大人でも気が付いてしまうと思います。
そこで、部屋に置いてある段ボールやティッシュケース、100均ショップで売っているような籠などの中に隠して使う方法があります。

部屋に積んだままにしてある段ボールとか、ティッシュケースならそこにあっても違和感がありません。
開けた穴に気付かれる心配のある場合は100均ショップの籠がおススメ。予め穴がたくさんあるので気づかれにくいでしょう。
そのほか、畳んだタオルやハンカチの間に忍ばせておくという手もあります。


ペン型カメラの隠し方

職場で上司にセクハラやパワハラを受けていて、その証拠を撮りたいならできるだけ目立たない形態のカメラを使うことをおススメします。
大切なのは、その場面であなたが持っていても怪しまれることのない形の小型カメラを選ぶことです。

あなたがデスクワークの仕事をしているなら、ペン型小型カメラがおススメです。
ペン型カメラはは手に持ったり、カバンに忍ばせたり、胸ポケットに差して使うなどの方法がありますが、隠しカメラだとバレないよう、上手に隠すにはどうしたらいいと思いますか?

「木を隠すなら森の中」といいますが、例えばペンケースに他の蛍光ペンやシャープペンシルなどと一緒に入れておくだけで目立たなくなります。
これなら胸元にさしておいて、急にボタンを押すなどという不自然な行動をしないで済みます。

「問題の上司が近づいてきたな」と思ったら、さりげなく撮影ボタンを押せばいいのです。

もともとカモフラージュ性の高い製品ではありますが、不自然な動きで相手に不信感を抱かせないように気を付けましょう。


腕時計カメラの隠し方

腕にはめて使うタイプの小型カメラなので、隠しようがないじゃない?と思われるかもしれませんね。
こちらは、腕時計型カメラを外した状態で使う場合のシチュエーションを考えて、その隠し方をお伝えしようと思います。

部屋でモノがなくなったり、パートナーのDVに悩んでいるなど室内で起こる問題の証拠撮りをするために使う方法なのですが、
帰宅して自室に入った時やホテルの部屋に入った時って、腕時計を外したくなりますよね?

外した腕時計のベルトの部分を台座にして立てておけば沖型の小型カメラと同様の使い方ができます。
宮付きベッドの棚、机の上、棚やドレッサーなど、車を持っている方ならキーホルダーやリモコンキーと一緒に置けば、より目立たなくなります。

この方法は時計型カメラそのものを隠すのではなく、腕時計にカモフラージュして「自然に隠す」方法になります。
ですから、ふだんからこの時計を身に着けて部屋に置いても違和感がないようにしておく必要があるでしょう


車の中での撮影とその隠し方

車の中で隠し撮りをする必要があるのか?と思われるでしょうか。
実は車中というのは、実にいろいろな人を乗せ、様々な商談や密談をするのに適した場所だと言えます。


もちろん、恋人同士の場合は密室になりますよね。
それゆえ、何らかのトラブルに巻き込まれないとも限りません。
狭い車中で相手に気付かれずに小型カメラを設置するにはどうしたらいいでしょうか。



車と一口に言ってもセダン型、ワゴン型、スポーツカータイプなど、その形状や大きさはマチマチです。
助手席と運転席が近い場合もありますので、使うなら小型カメラの中でもより小さいタイプを使うことをおススメします。

トイデジカメラ、ボタン型、ミントケース型などが、比較的狭い社内でも隠しやすいものと言えます。

超小型カメラを車中に隠すには

隠し場所としてはヘッドレスト(運転手が座って頭をもたせる枕のようなところ)、シートとシートの間、コンソールボックスやフロントの小物入れ(フタのないもの)などが適しています。


小物入れに隠す場合は発進・停車時に、小型カメラが飛び出さないように固定しておくことをおススメします。
また、車の前側化後ろ側のどちらを撮影するのかによっても、その設置場所は異なってきます。


カモフラージュ型カメラの隠し方

小型カメラには何かに似せて作られたカモフラージュ型カメラもあります。
例えば、火災報知器型、ペットボトル型、USB型カメラ、フォトフレーム型カメラ、カップリッド型、フック型などがそれです。

これらのカメラを使う場合も例えばペットボトル型であったら、ラベルを市販のものに張り替えるとかペットボトルホルダーに入れて持ち歩くなどのひと手間で、隠しカメラと悟られる可能性が低くなります。

カモフラージュ型だからといって、何の工夫もせずにポンと設置するだけでは気づかれる可能性があります。
特に気を付けなければならないのは、自分が思っている以上に、相手に観察力がある場合です。
ちょっとした変化に気づくタイプの人が相手なら、念には念を入れて準備することをおススメします。

まとめ

隣近所とのトラブル、職場でのパワハラやセクハラ、家庭内暴力(DV)など、日常的に続く悩みを抱えている人は多いと思います。

そうした心配ごとを解消する手段として小型カメラを利用するのも一つの解決方法だと思います。
とはいえ、実際に小型カメラを使って証拠集めをするのも勇気のいることですよね。

そんな場合はまず、信頼のおける人に相談するのも一つの方法ではないでしょうか。
皆様の悩み、心配事が一日でも早く解消されて平穏な日々を送れるよう、願っております。


小型カメラをお探しなら
「通販ショップクローバー」
がおススメです!


ご近所トラブルや職場でのセクハラやパワハラの証拠記録に活用できます。
また、女性の一人暮らしの防犯用やペットのお留守番の様子をスマホで確認できるカメラもあります。


隠しカメラと気づかれないよう、様々な形にカモフラージュされた高性能の小型カメラをカテゴリー別に
数多く取り揃えておりますので、目的に応じてお選びください。


*税込合計購入金額が8,000円以上で送料無料になります。






同ジャンル関連ページ